2017/01/27 ~節分・恵方巻き~

2017年がスタートしたと思ったら、もうすぐ立春を迎えますね。
立春の前に季節行事として節分があります。
今回は節分についてご紹介させていただきます。

まず節分について、毎年2月3日と思われている方が多くいらっしゃると思いますが、実は2月3日と決まっているわけではありません。
節分は立春の前日、となっている為、立春の日にちによって節分が前後します。

節分には豆まきをしますが、なぜ節分に豆まきをするかご存知ですか?
春を迎える立春の前日である節分は『季節の変わり目』という意味があります。
以前は冬から春になるのを新たな1年と捉えて、 今で言う『大晦日』のような意味合いもあったそうです。
昔から季節の変わり目には邪気が入りやすいと言われており、新たな1年を迎える前に邪気を払うため色々な行事の一つが豆まきと言われています。

また、『恵方巻き』も節分に食べますね。
その年の恵方を向いて太巻きを食べるという習慣は、関西から始まったものですが、今では全国的に定着しています。
2017年の恵方は『北北西』となっています。

恵方巻きは恵方を向き、太巻きを切らずに食べる、黙って願い事を思い浮かべながら食べるというポイントがあります。
ポイントを押さえながら今年も一年、良い年にしていきましょう。

戻る

Copyright(c) 2016 E.M GROUP CO.,LTO All Rights Reserved.