2017/03/16 ~春分の日~

まだまだ寒い日が続いていますが、暦上では『春分の日』が近づいています!


3月21日頃を春分の日といい、「自然を称え、将来のために努力する日」と法律で定
められている祝日です。


春分では昼と夜が同じ長さになる日であり、昔の人たちは自然に感謝し春を祝福する
日だと感じていたようです。
長い間冬眠していた動物たちが動き始め、人々もやる気に満ち溢れている時期であり、
この日の前後にご先祖様への感謝の気持ちを伝えるためにお墓参りに行く習慣がありました。


それを『お彼岸』といい、日本にしかない行事です。
春と秋の2回あり、春分・秋分の日を中日として、その前後3日を合わせた7日間を彼岸といいます。


今年であれば、春は下のようになり秋も同様に秋分の日を中日に7日間となっています。


3月17日(金):彼岸入り
3月20日(月):彼岸の中日(=春分の日)
3月23日(木):彼岸明け


お彼岸にお墓参りに行く風習があるのは、春分と秋分は昼と夜の長さが同じになる日
であり、太陽にも関係しています。


仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私たち
がいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。
彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、
彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考えられており、お彼岸に先祖供養をするようになりました。


またこの日は、天文学的要素や占いなどの要素の両方がバランスよく組み合わさってるといい、
生気に満ちた体に更に活気をつけるためか各地でマラソン大会なども開催されるそうです。

将来のため、運動するなどの『努力』をスタートするきっかけの日にしてみてはいかがでしょうか?

戻る

Copyright(c) 2016 E.M GROUP CO.,LTO All Rights Reserved.