連日、フィリピンについて記事をアップしていますが、

今回、私も自分の目で確認したく視察に行って参りました。

IMG_1863.jpg

  東京の高層ビル群と変わらない光景ですが、このようなビル群がもう2つ程ありました。

マカティ、BGC(ボニファシオグローバルシティ)、オルティガスの3大ビジネス街です。

規模は東京よりも大きいのではないかという印象を受けました。

IMG_1761.jpg

BGCの街の風景、発展途上国だとは、とても思えません。

このエリアは昔、フィリピン軍の駐屯地として利用されていて、

その場所を再開発しました。

現在は外国人駐在員が多く住んで、オフィス街、ショッピング街、高級ホテルがいくつも建ち並ぶ

近未来都市の様に様変わりしています。

IMG_1785.jpg

IMG_1791.jpg

 マニラは、治安が悪いと言われていますが、ここBGCエリアでは日が暮れても

比較的安全な印象を受けました。

そして、感じたのは20代前後の若者がとても多いことです。

日本では『超高齢社会』ですが、フィリピンでは『超若者社会』です。

総人口に占める0歳~29歳の割合は60%を占めており、

国民の半数以上が30歳未満ということになります。

ホテルや店で働いてる人も街を歩いている人を見ても、

若者がとても多く、町は活気に溢れていました。

 

 BGCから車で30分(渋滞の時は3時間)のエリアに行くと、

またそこにはBGCとは違う世界が広がっています。

IMG_1753.jpg

IMG_1748.jpg

 町はゴミが散乱しており、まるで戦後間もない日本の様な光景でした。

IMG_1614.JPG

 

街の人達の一般的な交通手段は、ジプニーと呼ばれる乗合バスの様なもので、

様々なデザインのジプニーが沢山走っていました。

IMG_1805.jpg

 

こちらは、トライシクルというサイドカーの様な乗り物です。

IMG_1827.jpg

 

 今回の視察で私が感じたのは、フィリピンは急成長しているとは言え、

まだそれは極一部のエリアであり、それ以外のエリアでは整備は進んでおらず、

貧困の差が激しいということでした。

人口は増え続け1億人を超えたフィリピン、

若者に優先的に仕事がまわる為、仕事に就けない人も大勢いると言われています。

貧困をなくす為には政府の力が必要ですが、現地に住んでいる友人の話によれば、

政治家の賄賂問題も横行しているらしく、国全体の底上げは、まだまだ時間が

かかるとのことです。

 まるで同じ時間に、令和と戦後間もない昭和の時代が共存しているかのような

不思議な国でした。

 

 

 

Today's Schedule