弊社がスポンサーを務めるプロサッカーチーム

東京ヴェルディの明治安田生命J2リーグが

いよいよ後半戦に突入しました!

 

 今年は、クラブ創立50周年という記念すべき年でもあり、

チームもサポーターもJ1昇格に向けて

一丸となって頑張っています。

私達スポンサー企業もヴェルディのJ1昇格を祈って

毎試合応援しております。

現時点での順位は22チーム中、14位。

J1昇格トーナメント戦に出場するには、

6位以内に入らないと夢が断たれてしまいます。

 

 サッカー好きの友人に、何故J1ではなく、J2のチームを

応援するのかと訊ねられることがありますが、

「東京ヴェルディだから!」といつも即答します。

 

 1993年~ Jリーグ開幕当時、東京ヴェルディは

スター選手を何名も抱えるJリーグを代表するトップ集団でした。

当時サッカーに興味がなかった私でもその過熱ぶりは

いつもテレビで目にして、華やかなスポーツだなぁと感じておりました。

野球選手ではなく、将来サッカー選手に

なりたいと言う子供達が増えたのもこの頃からでした。

それが、1998年に親会社である読売新聞社の撤退による

スター選手の退団、2005年にはJ2に降格とまさかの道を

たどってしまいます。

 

 スポンサー企業ということでJリーグの試合に20年ぶりに

観戦に行った時、そこにはかつてのヴェルディの姿はありませんでした。

サポーターの数も減少、試合もどこかパッとしない。

正直、愕然としました。

それからは気になって何度も足をスタジアムに運ぶようになりました。

そんな中、気づいたことがあります。

ヴェルディの試合は、残り時間数分のところで点が入り

逆転することも多く、それはつまり選手達が最後の最後まで

試合を諦めない、勝ちたい想いが強いということでした。

残り1分になっても皆んな必死な表情で闘っています。

応援しているサポーターも同じです。

2005年に降格したので、若いヴェルディの選手は

J1時代にチームにいたわけではありません。

それでも、かつての偉業を成し遂げたチームであることに

誇りを持って、どのチームよりもJ1昇格に向けて必死に

闘っている姿に心を打たれました。

 

 昨年の昇格争いのトーナメント戦、参入プレーオフ2回戦の

横浜FCに勝利した試合は思い出すだけでも、今でも

胸が熱くなります。

今年も最後まで諦めず、東京ヴェルディがいるべき場所、J1昇格に向けて

頑張って欲しいと思います。

 

 

 

Today's Schedule