2019.11.20 (Wed)  15:30

インフルエンザ流行のきざし

 

 朝晩めっきり寒くなってまいりました。

外でマスクをつけている人も、ちらほら見かけます。

これからの季節、怖いのが『 インフルエンザ 』です。

 

例年では12月から3月にかけて流行しますが、

今シーズンは早めの注意が必要です。

東京都感染症情報センターの調べでは、

既に都内の学校や社会福祉施設等で、

9月22日までに55件報告されています。

 

今年の特徴は、例年ならば

インフルエンザA型(1月下旬から2月上旬)が

流行ってから、B型(2月中旬から下旬)が流行るのに、

もうすでにB型も流行しはじめているのことです。

 

症状としては、高熱が出て頭痛や筋肉痛、

身体のふしぶしが痛くなりますが、

必ずしも高熱が出るとは限らないそうです。

体温が37℃台の微熱や36℃台の平熱と

思われる症状であっても調べてみると

インフルエンザだったということは、よくあるそうです。

かぜとの見分け方は難しく、検査をするしかありません。

あとは、しっかり予防することです。

 

対策をまとめてみました。

 

・こまめにうがい手洗いをする

・休養、栄養、水分補給を心掛ける

・マスクをつける

・適度な室内の加湿と喚起

・予防接種(かかりつけ医に相談すること)

 

インフルエンザにかかってしまうと、会社にも行けませんし、

体力も消耗してしまい、大変苦しいです。

ほっとけば治るというものでもありません。

幼児や高齢者は脳症や肺炎など重症化する恐れも

あります。そうなる前に、早目に受診することを

心掛けましょう。

これからの季節、楽しい行事もひかえてますし、

しっかり予防していきましょう。

 

Today's Schedule